JTA セラピスト養成校
HOMEJTAセラピスト養成校 ≫ セラピストになりたい

セラピストになりたい

セラピストは、クライアントに心身ともにリラックス・安らぎを与える仕事ですからまず、人間の体や心の仕組み、つまり人体構造(生理学・解剖学)や精神構造(大脳生理学・心理学)を勉強していきます。次に仕事の必需品である製品。備品。消耗品等についての正しい使用知識・経営や関連の法律など幅広い知識を身に着けなければなりません。こうした理論と並行してセラピストとしての様々な技術(手技)も学んでいきます。

JTAセラピストになるための勉強方法

①通信教育で勉強して資格取得する方法。

通学するには学校が遠すぎる、働きながら学びたい、といった人たちは、日本セラピー協会認定養成校の通信教育を受け、資格取得を目指すことができます。
※実技認定試験は、最寄りの日本セラピー協会認定サロンで行います。

②日本セラピー認定サロンに就職して資格取得をする方法。

JTA認定サロンに就職して、働きながら資格取得したいという人は、JTA認定サロン内での社員教育を受け、資格取得を目指すことができます。
※JTA認定サロン内の社員教育を半年以上受けた人は筆記試験免除とする場合もある。

③日本セラピー協会認定養成校に入学して資格取得する方法。

JTA認定セラピスト資格を取得するには筆記試験及び実技試験、両方に合格する必要があります。
(1)JTA認定養成校に入学後、筆記試験に合格すれば実技試験受験資格が取得できます。
(2)実技試験資格取得後、実技試験を受験できます。

JTAセラピストの資格・ライセンスについて

日本セラピー協会では次の資格を認定しています。

JTAスーパー
グランドマスターセラピスト取得後、JTA養成校の全てのプログラムを研修生、セラピストに指導、教育出来る方。(JTA職員による面接合格必須)
JTAグランドマスターセラピスト
マスターセラピスト取得後1年以上が経過し、JTA養成校にてグランドマスターセラピスト試験に合格した方。
*JTA養成校のプログラムをマスターセラピスト以下の研修生、セラピストに指導、教育出来る方。
(JTA職員による面接合格必須)
JTAマスターセラピスト
チーフセラピスト取得後1年以上が経過し、施術時間1,000時間程度をクリアし、JTA養成校にてマスターセラピスト試験に合格した方。
(JTA職員による面接合格必須)
JTAチーフセラピスト
トレーナーセラピスト取得後1年以上が経過し、施術時間1,000時間程度をクリアし、JTA養成校にてチーフセラピスト試験に合格した方。
JTAトレーナーセラピスト
フレッシュセラピスト取得後1年以上が経過し、施術時間1,000時間程度をクリアし、JTA養成校にてトレーナーセラピスト試験に合格した方。
JTAフレッシュセラピスト
インターンセラピスト取得後6ヶ月以上が経過し、施術時間180時間をクリアし、JTA養成校にてフレッシュセラピスト試験に合格した方。
JTAインターンセラピスト
JTA養成校にてセラピー学試験、実技試験に合格し、JTAよりディプロマを発行された方。
JTA研修生
JTA認定インターンセラピスト取得に向けて、JTA養成校または通信教育にて1ヶ月間以上のセラピー学・施術技術の基礎を学ばれている方。

日本セラピー協会

日本セラピー協会とは

認定養成校

JTAセラピスト養成校

セラピストの仕事

セラピストになりたい

JTA認定セラピスト

JTA認定養成校

認定サロン

JTA認定サロン

支援活動

JTA 支援活動

日本セラピー協会

JTA 正会員規約

アクセス

お問い合わせ

個人情報保護