JTA セラピスト養成校
HOME » JTAセラピスト養成校 ≫ セラピストの仕事

セラピストの仕事

セラピストの重要な仕事の一つとしてのカウンセリングはクラアントの心の状況や要望を幅広く観察・聞き取りをし精神的・肉体的にどのような問題があるのかを見極める事です。
クライアントに「快適さ」「心地よさ」「安心」を、感じてもらうことがセラピストとしての大切な仕事の第一歩だと考えます。

セラピストとはどんな職業か

セラピーのもともとの意味は治療・治癒術ということですが、領域を大きく分けると物理療法(フィジカルセラピー)と心理療法(サイコセラピー)の二つになります。
この二つのセラピーを掛け合わせてクライアントのリラクゼーション、ストレス解消などのお手伝いをするのがセラピストの仕事です。
そのセラピーを行う店がセラピーサロンであり、そこで働く専門技術者がセラピストです。
セラピーの領域は大きく分けると、上記の物理療法と心理療法の二つになります。

セラピストになるには

医療従事者ではありませんが、セラピストは人間の体(一部・全部)・精神に関わる仕事ですので人体構造(生理学・解剖学)や精神構造(大脳生理学・心理学)さらに仕事の必需品である製品・備品・消耗品等についての正しい使用法・知識が必要です。
セラピストになるには、質の高い知識や技術が要求されるため、専門学校等で勉強をするのが望ましいと言えます。

日本セラピー協会

日本セラピー協会とは

認定養成校

JTAセラピスト養成校

セラピストの仕事

セラピストになりたい

JTA認定セラピスト

JTA認定養成校

認定サロン

JTA認定サロン

支援活動

JTA 支援活動

日本セラピー協会

JTA 正会員規約

アクセス

お問い合わせ

個人情報保護